むくみと水分補給の関係について考えてみた

むくみを感じたらとりあえずまず水分補給を気を付けます。

日中はどうしても動いたりして、汗をかくので普段通りに行いますが、

夜のあまり動かない時は普段より減らしたりします。

他にはむくみとりの靴下を履いたり、マッサージをしたりします。

 

むくみやすい体質の為、意識的に水分を摂るようにしています。

その摂取した水分は溜め込んでは意味がないので、

トイレを我慢しないことや軽い運動で汗を流す等をし余分な水分の排出を心がけています。
それでも夕方になるにつれむくみが出てくることもあり、

その時は帰ったあとに下から上に流すようリンパマッサージをしたり、

寝る際に枕やタオル等を利用して足を上げて寝るようにしいおります。

 

シャワーだけではなく、湯船に浸かってマッサージをします。

意識がある時だけでいいので、足を高くして寝ます。

この二つで、次の日の朝には足のむくみがだいたい取れています。

もうひとつは、過酷かも知れませんが、少し意識をして、

夜ご飯の塩分を抑えて、緑茶など、水分をたっぷりとって、

トイレが近いな~と思うくらい、おしっこをじゃんじゃん出します。

すぐにトイレに行きたくなるので、家からは出られなくなりますが、

顔も足も、むくみは本当にスッキリします。

 

 

 

 

>>管理人のむくみ対策まとめを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ